金融機関のご担当者様へ

こんなとき、是非ご用命ください。

・大量(複数)の担保不動産について、迅速かつ正確に評価したい。
・担保不動産について、金融検査マニュアルによる「処分可能見込額」を把握したい。
・担保不動産の任意売却等の参考資料として不動産鑑定評価を活用したい。
・融資の条件として、融資相手方に担保不動産の不動産鑑定評価書を添付してもらう必要がある。