不動産の鑑定評価はどんなとき役にたつか

 物を売買するとき、売る側は「できるだけ高く売りたい」、買う側は「できるだけ安く買いたい」と思います。不動産売買でも同様なことがいえます。

 売主と買主の双方で納得できる価格が決めることができれば、それでいいのですが、双方で折り合いがつかない場合、第三者としての専門家が行う不動産の鑑定評価がお役に立ちます。

 売買以外で不動産鑑定評価が役に立つ場合を挙げると以下のとおりです。
 ・相続に際して相続人同士がもめないように不動産の適正な資産価値を把握したい
 ・担保価値を把握したい
 ・地代や家賃の更新・改定を行うので妥当な賃料を把握したい
 ・現物出資の際の鑑定評価
 ・減損会計における評価